『アルハンブラ宮殿の思い出(原題)』が好奇心を誘発するキャラクターポスターを2種類公開した。

tvN新土日ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出(原題)』は、投資会社代表の‘ユ・ジヌ’(ヒョンビン)が、ビジネスでスペインのグラナダに訪問し、ヒロイン‘チョン・ヒジュ’(パク・シネ)が運営する古びたホステルに宿泊することになり、奇妙な事件に巻き込まれるストーリーを描いたサスペンスロマンスドラマだ。

12月1日の初放送を前に、ドラマを待っている視聴者達の好奇心が日々高くなる中、6日に公開された『アルハンブラ宮殿の思い出(原題)』のキャラクターポスターに収められた、俳優ヒョンビンとパク・シネの最高な表情演技と意味深長なキャラクターのキャッチコピーが好奇心を刺激した。

まず、深く物思いにふけ正面を凝視するヒョンビンの真剣な目つきが、見る人の視線を捕らえる。ポスターに収められたヒョンビンは、天才的なゲーム開発能力を持つ工学博士出身の投資会社代表という華やかな肩書と違って、少し痩せた顔と簡素なジャンパーを着た姿だ。まるでスペインのグラナダで奇妙な出来事を経験して変化を迎える‘ユ・ジヌ’のキャラクターを暗示するようだ。特に「私が見る半分は正しくて、もう半分は完全に間違っている」というキャッチコピーは、これからジヌが体験する事件に対して興味を呼び起こす。

続いて、芸術魂が溢れる感性主義者の‘チョン・ヒジュ’を完璧に演じたパク・シネ。恋しさ、心配、疑問など複合的な感情が含まれた彼女の眼差しが、「突然現れ人生を変えた彼が消えた。」というキャラクターのキャッチコピーと絶妙な相乗効果を起こした。ギタリストを夢見ていたが、家族の生計を立てるため、スペインのグラナダで古びたホステルを運営していたヒジュ。そして、そんな彼女の前にある日突然現れ、人生を激しく揺さぶり消えてしまったユ・ジヌは、今年の冬どんな魔法のような話でお茶の間を虜にするのか。

一方『アルハンブラ宮殿の思い出(原題)』は、信じて見れる俳優ヒョンビンとパク・シネの超大型キャスティング、そして『イニョン王妃の男』、『ナイン~9回の時間旅行~』、『W-君と僕の世界-』など特別な想像力で大衆を引き付けるソン・ジェジョン作家と、緻密でありながらも感覚的な演出を誇る「秘密の森」アン・ギロ監督が意気投合した作品だ。これに制作段階から話題を集め、ウェルメイドドラマの誕生を予告している。

『アルハンブラ宮殿の思い出(原題)』は、来る12月1日午後9時に初放送される。

出処:韓国経済